エントリー

GPレクでオリンピックミュージアム。

GPレクで大倉山にある札幌オリンピックミュージアムへ行ってきました。

 

札幌オリンピックミュージアム
館内は、オリンピック成り立ちの歴史や精神を伝える数々の展示、
選手たちの偉業を称えるコーナーのほか、冬季オリンピック札幌大会により
設立された遺産を今に伝える展示など、北の大地で繰り広げられた競技に
思いを馳せることができます。

選手の視点で、オリンピック競技を体感できるアトラクションが6種類あり、
シミュレーターを通じて、氷雪の世界独特のスピード感や飛翔感を楽しめます。
アスリートたちの世界を楽しく知り、学ぶことができるミュージアムです。
(公式ホームページより)

 

2006年のレクでも行きましたが、

その時は「札幌ウィンタースポーツミュージアム」という施設名でしたが、

その後リニューアルし、現在の名称、展示となりました。

前回と同じものもありますが、大人も子どもも楽しめる施設ですよ♪

 

201904072.jpg

オリンピックの歴史と、

それぞれのゴールドメダル(レプリカ?)が飾られています。

 

201904073.jpg

ジャンプ体験。

 

201904074.jpg

クロスカントリー体験。

 

 

私もジャンプとクロスカントリーを体験しました。

クロスカントリーは3人同時に体験でき、誰が一番早くゴールできるか、

足元のスキーを動かすことで勝負することができるのです!!

私は3人中2位(1位だった中学生の子は当日最速)。

中学生の体力はすごひ。。。

 

あいにくリフトは点検で休止中だったため、

山頂までは行くことができませんでした。(徒歩なら行ける)

そのため普段は立ち入ることができない、

オリンピックミュージアムの屋上が開放されていました。

201904075.jpg

屋上から札幌市街を望む。

 

201904071.jpg

反対側にはジャンプ台。

 

アトラクションは子どもが楽しめるし、

展示されている品々は大人の方が楽しいかも?!

冬季オリンピック、どの大会から知っているかを話していたら、

私と同世代は「1992年アルベールビルオリンピック」で同じでした。

その前のカルガリー(カナダ)もサラエボ(ユーゴスラビア)も、

生れてはいたのにあんまり記憶がないんです!

何でだろうと話していたところ、

アルベールビルではノルディック複合(団体)で荻原健司選手が金メダルを獲得したり、

伊藤みどり選手が銀メダル、橋本聖子選手が銅メダル・・・等々、

未だに何となく覚えているぐらい、日本選手が大活躍していたので、

子ども心に夢中でオリンピックを見、応援していたからかもしれません。

 

またゆっくり見に行きたい施設です。

 

なかなかおすすめですよ♪♪

 

 

 

 

それで、話は変わります。

 

ホームページのトップでもご案内しておりましたが、

4月9日(火)16時から、特別集会「ゴスペル&メッセージ」を持ちます。

サックス:安武玄晃さん

メッセンジャー:平岡修治先生

入場無料です。(席上献金はありますが、自由献金なので強制ではありません。)

無料駐車場もあります。

興味がある方でしたら大歓迎です!!

 

詳細はこちらをご覧くださいませ。(PDFが開きます。)

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

GPW。
2019/04/21 21:45
NewHope4月号。
2019/04/14 21:11
GPレクでオリンピックミュージアム。
2019/04/07 20:32
新し門出を祝う会2019。
2019/03/31 20:02
GPW。
2019/03/24 22:15

新着コメント

Re:手帳。
2013/02/06 from 管理人
Re:手帳。
2013/02/06 from M
Re:NewHope11月&12月号
2012/12/07 from さやか☆
Re:NewHope11月&12月号
2012/12/07 from 管理人
Re:NewHope11月&12月号
2012/12/06 from さやか☆

過去ログ

Feed